検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ

私にとっての仕事・・・

仕事においても その他の何においても

最終的には その人の人間性が出る。

また それがチームとなれば 

チームのカラーとなり チームワークとして 表れる。


私にとっての仕事とは・・・

お金を稼ぐ場 とは割り切れず 

それ以上に

自分の持っているものを表現し 活かし

また 人生においての学びの場 だと思っている。


若いときは そんなことできなかったから 借りてきたネコみたいで

自分らしさを出す自信がなかったけれど

今は 自分の言葉で 思いを発することができるようになった。


チームワークも大事だけど そこに遠慮するよりも

気づいたことは 声にしたいし

自分が納得のいく仕事がしたい

それができなくても その努力はしたい

いい仕事をしたい と思うから!


今日は そんなことを 上司に話せたことが

前進したかなぁ~と 

すごく うれしい^^
スポンサーサイト

思う・・・

先日の雨で アジサイの枝が次々と折れてしまった。

アジサイを 切り花にする勇気がない私には

ちょうど よかった^^


思いがけないプレゼントのよう・・・

RIMG1825.jpg

大好きなダイニングに飾ることにした。

RIMG1821.jpg


先日 私の勤める診療所に 二組のご老人が来た。

一組目は 車いすのご婦人を介護するご主人。

器用ではないが 懸命に介護する姿に

なんだか 実家の両親と重なって見え

すこし胸が苦しくなった。

そして 私になにができるのか・・・と考えた。


二組目は 一人暮らしの80代のおばあさん。

ぎっくり腰で寝込んでいたところ 風邪を引き

脱水症状で 点滴をすることになった。

ご近所の方に 連れてきてもらったそう。

そうやって 助けてもらえるのは その方の人柄の表れなのに

人の手を借りて暮らしていることが 申し訳なく

ご自身を責めている様子だった。


80歳になられても 謙虚さを忘れないその姿勢に

学ばせてもらうことが多かった。


そして 義父や 自分の老後とも重なった。

私も40を過ぎ もう 人生の折返しだもの・・・


若いときは 自分や両親が老いていくことを想像できなかった。

だけど 歳を重ね いろんな経験をし

あの頃より 具体的にいろんなことが見えてきた・・・


そして いま 

相手の気持ちに もっと寄り添いたいと思えるようになった。

大したことはできないけれど

寄り添うくらいは できる。


でも そこが大事なんだよ!











いい機会

仕事場の上司から 

私の勤務体制について 要望があった。


そこから私も いろいろ悩みまして・・・


改めて 今の私の 仕事に対する向き合い方が明確になり

そして 自分のベストな暮らし方も 明確になった。

いや 前からわかってたんだけど 言えなかっただけで・・・


「自分が今 大切にしたいこと」

そこを はっきり口にする勇気も出てきたので

よし!と 意気込んで行った。


あれ??違ったみたい・・・

あちらは そこまでのつもりじゃなかったみたい・・・

私の考えすぎだったみたいね・・・


こんなに考えて 意気込んでたのにな~

拍子抜けしちゃったけど

そんなことを考えれる いい機会だったと思う。


もともと私が 今の職場で働くことになったのも

お金のためだけでも ここで働きたかったわけでもない。

もともと 我が家のかかりつけ医だったこの場所では

できれば 働きたくなかった。

知らなくていいところまで知ってしまうだろうから・・・

それが 不思議だけど 上司の人柄を感じるたった一言で

一瞬にして 自分の気持ちが180度変わったの。

不思議だけどね・・・縁って そんなもんなのかもな~


私にとっては 必要な場所だったってことかもな~
 
RIMG0829.jpg




なれたらいいね・・・

先日 最後に収穫した「アナベル」が

いい感じのドライになった。

カタチは崩れてるけど 一番いい色に仕上がった!

このタイミングやね・・・

IMG_1274.jpg


私の勤める診療所に 定期的に来られる患者さん。

60代後半~70代くらいのご夫婦ですが

毎回 二人そろって来られるのです。


その日は お二人とも血液検査のため 朝から絶食で来られた。

そして 検査が終わるやいなや

奥様がニコッとして ご主人に「モーニング行く?」と。

すると ご主人もニコッとして うなづいた。

その様子が とても微笑ましかったので 尋ねると

検査の日は モーニングに行くのが 楽しみになっているのだとか。


長年連れ添った 仲のいいご夫婦って ステキですね~

たくさんの困難を乗り越えてこられた末の 味わい深さというか

若夫婦とは違った 奥深さがあって ステキだな・・・と

その光景が とても心に残りました。


夫に「私たちも そんな夫婦になれたらいいね・・・なりたいね!」

と話すと 夫はフフッと笑って「なれるやろ・・・」と言いました。

夫の口からそんな言葉が聞けるのが すこし 意外な気がしました。


ほんとに そう なれたらいいね~^^








女子高生

先日 私が勤める診療所に 

高校生が一人 インターシップに来た。

インターシップとは 職業体験のようなもので

看護師を目指す 高校2年生の女の子だった。


ふだん高校生と接することがない私には 少々緊張する出来事でした。

でも あと5年もすれば ウチの長男も こんな年頃で

こんな風に 外の社会でさまざまな体験をしたり

将来に影響を受けたりするのか・・・と考えると 

自分の発言には とても 責任を感じた。


その学生さんから 

「たくさん勉強しましたか?」とか

「就職するときは 大きな病院のほうがいいですか?」とか

「注射は 怖くないんですか?」などの質問を受けた。


遠い昔だけれど わたしにもこんなときがあったなぁ~と

とても 初々しい気持ちになり

「若いうちに たくさん勉強して いろんな経験したほうがいいよ~」というと

学生さんは 目をキラキラさせて「はい!!」と言った。


私が学生だった頃は トライやるウィークもインターシップも

なかった時代;

最近は 自分の将来の職業を 実体験で考えれる機会に恵まれてる。

わたしのように 憧れだけで突っ走って この職業に就く人もいるけれど

実体験し じっくり考えれるのも 魅力的だな~と思う。


私も 初心に返れた一日だった。