検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ

息子へのプレゼント


先日 次男の14歳の誕生日でした。

以前から 私の愛用している

手帳型のスマホケースが欲しいと言い

ある時は 勝手に中身を自分のものに

入れ替えて使っていたこともありまして

自分にも作ってほしいと…


「これだけは絶対ムリ!」と

断り続けてた…のに

誕生日の2日前に どうしたことか

急にスイッチが入った…


息子が部活に行ってる合間に

直感で手に取ったイエローレザーで

裁断を 昼寝の合間に縫製を

塾の合間にバーニングアートを…

自分でもびっくりする

驚異的なスピードで仕上げた。

たまたまミニオンカラーだったことから

ミニオンのケースになりました。





無計画に偶然できた作品です。



当然諦めていた息子も

このサプライズプレゼントに

びっくりして喜んでおりました。


以前から よくオーダーされる

スマホケースですが…

いつもお断りしているんです。

なぜなら 決められた形に作ることが

好きではないからです。

多少の融通もきかないものだからです。

フリーハンドで描くバーニングアートに

お金がからんでいるとなると

肩に力がはいっちゃうからです。

そんな自由ではないことが

窮屈でたまらないから…


私のモノづくりのほとんどは

定規もレシピも使いません。

それすらも 窮屈で苦しい…

直感と手の感覚だけで作るモノづくりが

一番楽しく 自分らしく

いいものが仕上がることを

自分だけが知っているんです。


あっ!

こぎん刺しだけは別ですけど…


そんな私が 息子に作ったわけは

やっぱり愛なのでしょうか…




スポンサーサイト

ふたりの時間


夏休みも残すところあと4日…

今年の夏休みは さらに

子どもたちが成長し

家族の時間も 子どもとの時間も

うんと減りました。

同時に 私の夏休みのストレスも

なくなりました。

ご飯さえしておけば

用はありませんから…

息子たちの自立が近づいていることを

実感する夏休みでもありました。


部活に 課題にと毎日忙しい長男と

たった半日だけ2人で出かけました。


外ではおしゃべりなのに

家に帰るとoffになり 無口になる長男。

でも2人になると またonになることを

私は知っているので そこも狙って

息子の服を買いに出かけました。


高二の息子は 私が思うよりも

ずいぶん大人になり

しっかりしてました。


大学への進学を目指す息子は

自分の進学や経済的なこと

将来のこと…も それなりに考えてて

目標も高かった…


そして 安全な道を選ぶよりも

失敗してもいいから

難しい道を全力で挑戦したいと

いうようなことを言いました。


だから 私も

母ではなく私自身の夢を

息子に話してみました。

息子たちの応援も協力もするけれど

子どものため…といって

自分を犠牲にすることはできないって

ことも話すと 息子は

深くうなづいてました。

私には

息子も私を応援してくれたように

見えました。


子どもだけど もう子どもじゃない

大人でもないけど

信頼できる人と話ができたような

とても濃密な時間でした。


息子と対等に話せるようになったこと…

その成長が とてもとても嬉しい。















陸上…


先日 次男の陸上記録会がありました。

長距離ランナーとして

毎日毎日 その熱い思いを語る息子…


夫とスタンドで観てると

召集前に息子は

私を見つけてやってきて

「ぜったいに 10分20秒切るからな!

なっ!なっ!なっっ‼︎」とだけ言って

去って行きました。

これが彼の気合いの入れ方のようです。

(アニマル浜口みたいに…)


息子はいつも私の居場所をすぐに見つけ

ますし 聞こえないであろう遠くから

息子の名前を呼んでも振り返ります。

あの子はテレパシーでもつかえるのでは

ないかと思ったこともあり…


そんな息子は 結局ベストタイムで

10分20秒を切りました。

そのタイムは 東播大会への出場権だっ

たそうで 息子はいい顔してました。


息子はいつもどんな時でも全力で

一生懸命なのですが

自分を見て見てアピールもすごくて

私には その姿が可愛くて

笑ってしまいます。


私が言うのも何ですが

母親に見てもらえることが エネルギー

になっているのだと思うと

まだ必要とされているのだなぁと

感じます。


望まれているうちは

応えるとしましょうか…











みっきーマラソン




息子のマラソンの応援に行ってきた。

5キロの参加者は 220人!


毎日毎日 息子から陸上の話しを聞く。

その日の練習メニューとそのタイム

そして 目標タイム とその意気込み等…

いつも熱い息子の話が

だんだん頭に残らなくなってきた。


実は今日は

あまり気乗りはしなかったけど

走ってる姿はカッコよかった~

見れてよかったぁ~


息子のこと応援はしているが

私は タイムに興味がない…

今日も 自己ベストが出たらしく

教えてくれたが また忘れた。


頑張ってる姿や その表情だけは

しっかり まぶたの裏に焼きついてる。


結果…よかった


先日の雪の日

加東市で次男のマラソン大会が

ありました。



ほんとなら 5キロに出場する予定が

私のエントリーミスで

息子は 3キロに出場することになった。


残念がっていた息子も

それはそれで スピード練になるので

駅伝の時期には 良い練習になると

先生にフォローされながら出場!


8位まで入賞のところ

息子は 8位でゴールした。


陸上で 表彰されることを夢みていた

息子は 飛び上がって喜んだ。

そして この私のエントリーミスを

とても感謝してくれた。


そして 息子は今

やる気と自信に満ち溢れている。

なんだか 私

とても良いことしたみたいだ…