検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ

ショックな日

パパが 子どもの頃に飼っていたカメは 日光浴の不足で死んだ。

そんな思いのあるパパは 次男が飼っているカメのレオンに

日光浴が必要だと しきりに教えていた。


子どもたちは レオンがかわいくて 

愛情たっぷりで育てておりまして

とくに 次男は 図書館でカメの本を次々と借りてきて

カメのことに 詳しくなっていたんです。

レオンも 次男になついていたし(たぶん)

レオンは 次男の相棒のようだったのです。


いつものように 朝 エサやりをしたあと

大きくなってきたレオンが ケースから飛び出さないように

次男と 新しい 飼育ケースを買いに行きました。

そして それを喜んで持ち帰ったとき・・・レオンは すでに死んでいました。


この猛暑の中の日光浴で 水温が上がり おそらく日射病です。

家で留守番をしていた長男が 最初に発見し

レオンのケースには 氷を入れ レオンに扇風機が当たっていました。


ただただショックで 子どもたちは肩を落としてしまい(パパも私も)

レオンの存在の大きさに ビックリしました。

 

レオンの死は 子どもたちに 命の尊さを教えてくれました。

なによりも究極の 命の勉強だったのではないでしょうか・・・

きっと 子どもたちにとって 忘れることのない夏休みだと思います。




スポンサーサイト