検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
月別アーカイブ

ご無沙汰してました


大変ご無沙汰してました。

もう このblogをやめちゃおうかと思っ

たりしながらも やっぱり頭の片隅で

やり残した感をずっと感じてました。


FBやインスタをまめに更新するように

なり 少しの言葉で投稿できる手軽さを

覚えると手薄になった…

のが一番の理由。


でも もっと奥深いところの理由も薄々

気づいてたなぁ~


これを読んでくださっている方には

そんな理由はどーでもいいこと

だろうけど 私の中では少しづつ

それが塊になっていってたかも…


親しい友人が ライターの研修を受け

はれて ライターの仕事を

することになりました。


その友人は 以前からコトバの表現に

センスがあり ボキャブラリーも多い。

そこが 彼女の魅力…

だから 適職だとおもった。


そんな彼女だから コトバの選び方も

上手いし コトバを的確なところに

ていねいに運ぶ。


そんな作業や彼女の成長を目の当たりに

してると 私もコトバの重みを感じる

ようになってた。

そしたら いつの間にか安易に文書を

書けなくなってた…


自分が感じたままをコトバにするとき

これまで以上に難しさを感じてた。

あーでもない こーでもないって…

でも 私のコトバの引き出しは空っぽ。

だったら もうコトバにしなくても

いいかっ…になってた。


まぁ 本人がそれで良けりゃ

それでいいことなんだけどね…

でも どこかで引っかかってたんだ~


今の時代の 手軽さ(何事においても)に

若干違和感がある私には

ほんとに大事だとおもうものを

見失っていきそうだったなぁ…

だから引っかかってたんだなぁ~




彼女には彼女の

私には私のコトバの表現がある。

だから 書き手によって感じ方が違うし

そこが 面白いんだ…って

思えるようになった。

ボキャブラリーが少ない私でも

自分を表現できるのは

自分でしかないんだよね~


って 個人的なblogごときで

考えてました…というか

気づきました。


上手くはないけれど

自分なりの表現を大事にしよう

好きになろう

認めようと

今は 思ってます。


この感覚…忘れないでおこう!





お知らせ「手しごとランチ会」



好きなもの(コト)で 人と人が繋がって

ゆけたらステキだなぁ~と

おもうのです。


今回 2回目の開催です。

前回は 木工の方と革細工の方が来られ

お互いの作業工程を見れたのが

とても楽しかったですね~

参加者は固定ではありませんから

いろんな分野の方が ふら~っと

来ていただけると

楽しいなぁと思います。

『手しごとランチ会』

日時: 6/29(木) 10~15時頃

場所: 「caffe ozio」
三木市自由が丘本町2-8-1
tel 0794-60-3432
🅿️ 店前・2軒隣りの空き地

その他 下記の写真に記載しています。



藍染


自宅でインド藍を建て 藍染しました。







染めたかったのは 柔道着と糸!

今 私がイメージしている

こぎん刺しワークショップには

これらが必要だからです。



望む色には染まりませんでしたが

逆に このほうがいいとの声もあり

今は この色目とご縁があったのだと

思ってます。

ついでに染めた息子の白リネンシャツが

いい感じになり

息子がはじめて袖を通しました。

ご無沙汰です


こんにちは…

すっかり ご無沙汰していました。

書きたかった記事はたくさんあったのに

自分の気持ちがコトバにできなくて…


さかのぼる必要はないけど

そうしないと前にすすめないので…



今年の「春の市」は

はじめて 主催者さんのもとで

お手伝いをさせてもらった。

看板作りや雨天時の対策等…

そして 知った…

あの大きなイベントが

実質2人で動いていたことの現状や

しっかりとできあがっている

アーティストたちとの絆に

彼女たちの偉大さを感じずには

いられなかった。

これを誰かが真似できるものでもないし

きっと彼女たちだから

このカタチにできたんだなぁ~と…

それが とても羨ましかったし

輝いて見えた…




















コンバース


コンバース100周年記念モデルの靴を

買った。

さすが 記念モデルだけあって

中敷のクッションがよくて

履き心地が めちゃいい~


これに 念願のこぎんを刺した。

すると 息子らが大絶賛してくれ

それはそれで うれしい!



刺し終えたあと

布地を抜き取るのだけど

つけておくほうがいいと

息子らがいうので

しばらく このままにしておこう~





なんだか 遠くまで

歩きたい気分になりました。